治療法について

HOME > 治療法について > 有水晶体後房レンズ(ICL)治療

Implantable Collamer Lens(ICL)
有水晶体後房レンズ(ICL)治療

 ICLは、レンズを虹彩と水晶体の間に入れて視力を矯正する治療法です。
その性状から眼内移植型コンタクトレンズとも言われています。

ICLレンズ

従来のレーシックとは異なり、角膜を削らないため、あざやかな見え方で、ドライアイや夜間のハロー・グレアの出現が少なく、長期安定性に優れた結果が期待された新しい屈折矯正 手術です。
レンズは黒目(虹彩)の後ろ側と水晶体の面の間に固定しますので、外から見てもわかりません。

ICL治療の歴史

1978年から開始が始まり、現在のICL治療は、1997年に欧州、2005年に米国で承認され治療がスタートしています。
国内では、2003年から治験が始まり2010年に承認され一般に治療が始まりました。


特徴


適応


禁忌(適さない方)


ICL治療 手術の流れ

ICL治療 手術の流れ1
ICL治療 手術の流れ2
ICL治療 手術の流れ3
ICL治療 手術の流れ4

手術後の主な症状

見え方について


一般的な症状(帰宅〜翌日)


モニター募集中

NON TORIC
片眼: 35万円   10万円

TORIC
片眼: 40万円   10万円

※ICL手術は健康保険適応外のため自由診療となります。

その他、ご不明な点は医師とご相談下さい。

PAGE TOP